真女神転生3と他のRPGとの違い

2020年10月29日HDリマスターも決まり、真女神転生3を知らなかった人が真女神転生3を始めるという素敵な時代がやってきました!

というわけで!

ここでは「他のRPGはやったことがあるけどメガテンは初めて」という人、「他のメガテンシリーズはやったことがあるけど真3は初めて」という人のために、違いをざっくり書いていっこうと思います。

女神転生シリーズと他のRPGの違い

メガテンは難しいぞ?

一般的なRPGの難易度と比べると女神転生シリーズはたぶんけっこう難しいと思います。

「ラスボスが~」とか「隠しボスが~」とかじゃなくて、普段のバトルからけっこうきっついです。 狙いすまして対策できる分、ボスの方が楽かもしれない。

特に真3は、プレスターンバトルが導入された初のメガテンシリーズで、序盤のチュートリアルで為す術もなく全滅がありえます。

誇張じゃないです。

ガチです。

「ガキパト」で調べるといくらでも動画出てくると思います。

仕組みを知らないうちは全滅しまくると思いますが、HDリマスターでは初心者向けの難易度が追加されるようなので安心ですね。

山田くんの似顔絵

オレ、RPG得意やしHARDでも大丈夫やろ。

みたいな人でもフフフ。

慣れるまでは無理のない難易度で遊びましょう。

あと全滅しても泣かないこと。

そういうゲームです。

ストーリーが難解

メガテンはけっこう暗いストーリーが多いです。

真3も例に漏れず、荒廃した東京を舞台にストーリーが進行します。

魔王を倒す勇者の物語を求めている人には向いていないかもしれません。

仲間がいないんだけど?

これは作品によりますが、メガテンシリーズは基本人間の仲間が少ないです。

その代わり、雑魚敵として登場する悪魔を会話によって勧誘することができます。

真3も同様で、人間(?)は主人公ひとりだけ。 残りは会話で仲間にしていきます。
(仲間の悪魔なので「仲魔」と呼びます)

仲魔が弱いんだけど?

女神転生シリーズでは、会話で仲間にした悪魔を「悪魔合体」で強化していくことができます。

ドラクエイメージだと「スライムとヤタガラスを合体してさまよう鎧」に、FFイメージだと「ゴブリンとボムを合体してトンベリ」みたいな感じです。

山田くんの似顔絵

これこそが女神転生の真骨頂とも呼べる要素です!

合体なしでもやれないことはないと思いますが、合体でしか作れない種族がいたり、合体元の悪魔のスキルを継承したりと、やり出すとめちゃくちゃ楽しいです。 是非とも悪魔合体を楽しんでください。
(オーディンとかシヴァとか、他RPGでもメジャーな悪魔は合体でしか作れないことが多いです)

特にスキル継承は面白くて、単体攻撃が強い仲魔に全体攻撃も持たせたりとか、火炎攻撃が強い仲魔に氷結攻撃も持たせたりとか、回復キャラに補助魔法も持たせたりとか。

自分のアイデア次第で可能性は無限大です。

従来のシリーズではかなり厳しい継承制限があったんですが、真3は多少の制限はあるものの、基本的には自由に魔法を継承できます。

山田くんの似顔絵

めっちゃ楽しいです。

LVの高い仲魔作ったのに弱いんだけど?

属性相性が悪いのかもしれません。

女神転生はLVやパラメータ(力とか)も大事ですが、何より属性相性が重要です。

ちょっとLVは低くても、弱点を突ける仲魔、敵の攻撃を無効化できる仲魔を作りましょう。

高い防具買ってもすぐ死ぬんだけど?

女神転生はそういうゲームです。

例えば一般的なRPGで防御力3の革の鎧から、防御力10の鉄の鎧に変更したとしましょう。

受けるダメージは3分の1になるかもしれません。

ところが女神転生には「属性相性」なるものがあって、防御力は1だけど【全耐性防具】みたいなのがあります。 見た目上は防御力+1ですが相性のおかげで、そこからさらにダメージ-50%みたいになります。

特に「無効」以上の相性は超重要で、主人公達が装備できる防具はあまり極端な相性のものはないですが、仲魔の相性には「火炎無効」「電撃吸収」のようなものが低レベルでもあります。 特定のボスではLv90の火炎弱点の仲魔より、Lv3の火炎吸収の悪魔の方が役にたつことがあるでしょう(マジ)。

と、説明してはみたものの、真3ではそもそも主人公に防具なんてものはありません。

代わりにマガタマというものがあって、これが主人公の防具の代わりです。

「ボスに勝てない」「雑魚にすぐ全滅させられる」

そんな時は主人公のマガタマや、仲魔の相性を見直すと劇的に改善するのも女神転生の面白いところです。

雑魚敵の魔法で即死するんだけど?

それはおそらく、ドラクエでいうところのザキ・ザラキ、FFでいうところのデスやバニシュを食らったんでしょう。

属性相性を自分でコントロールできる女神転生では、敵が即死魔法をバンバン打ってきます。

女神転生での即死魔法は破魔(聖なる力)、呪殺(邪なる力)なので、これらに耐性のある防具を装備したり、耐性のある仲魔をパーティに入れましょう。

あとは祈る。

即死魔法じゃないのに雑魚敵でよく全滅するんだけど?

様々なケースが考えられますが、一番多いのは属性相性でしょうか。

一番最初のダンジョンだと仲魔になる悪魔には火炎弱点が多くて、出現する敵の中に火炎攻撃を使ってくる敵が出現します。 一度敵にターンを渡してしまうとそのまま全滅というのはよくある話です。

次に敵の先制攻撃やバックアタック。

特にバックアタックは脅威で、物理攻撃が全てクリティカルになるので、弱点を突かれなくてもガンガン攻撃されてしまいます。

早く敵のターンが終わるよう、味方の属性相性を考え直してみてください。

あとは祈る。

そもそも魔法の属性が分からないんだけど?

こればっかりはしょうがないです。

FFはかなり分かりやすい名前ですが、ドラクエも初見だと分かりにくいですからね。 メガテン用に頭をスイッチして覚えてください。

ドラクエ FF 女神転生
火炎 メラ ファイア アギ
氷結 ヒャド ブリザド ブフ
電撃 デイン? サンダー ジオ
衝撃 バギ? エアロ? ザン
回復 ホイミ ケアル ディア

衝撃がちょっと怪しいですが、nullnullなんかがあるので風っぽい感じでしょうたぶん。

ペルソナシリーズは確か「疾風=ガル」になってたと思います。

ディアってアンデッドに効く魔法じゃないの?

僕はFF11にどっぷりだったので特にこの感覚が強いです。

FFのディアは攻撃魔法(or弱体魔法)で、メガテンのディアは回復魔法です。

調べてみたところ、FFでの初出はFF1で1987年12月18日に発売。

一方メガテンは、ファミコンの初代「女神転生」で、今のディア系の原形とも呼べる「ディ」「ディアマ」などの魔法が実装されています。 これの発売日が1987年9月11日。

タッチの差でメガテンが先だな!!!

というわけで、ディア系は回復魔法です。
(発売日的にどちらが先というのではなく、おそらく両方同じ元ネタがあるんじゃないかと思います)

補助魔法ちゃんと使ってる?

主にボス戦ですが、メガテンは補助魔法ゲーと言っても過言ではありません。

属性相性はちゃんと考えたのにボスに勝てない場合は補助魔法を充実させましょう。

補助魔法は大きく2種類あり、まずは味方にかける「カジャ」系。

  • null
    味方全体の物理攻撃力をアップさせる
  • null
    味方全体の回避と命中をアップさせる
  • null
    味方全体の防御力をアップさせる
  • null
    味方全体の魔法威力をアップさせる

それぞれ4回重ねがけできます。

シリーズによっては全カジャをいっぺんにかける「ラスタキャンディ」という便利な魔法もありますが、真3にはありません。

お次は敵にかける補助魔法「ンダ」系。

  • null
    敵全体の物理攻撃と魔法威力を下げる
  • null
    敵全体の回避と命中を下げる
  • null
    敵全体の防御力を下げる
  • null
    敵全体の攻撃、防御、回避、命中を下げる

シリーズによっては魔法威力を下げる「マカンダ」というのもありますが、真3はnullで物理も魔法も弱体化できます。 「真3は」というか、たぶんこっちの方が多いはず。

nullは全ンダをいっぺんにかけるやつです。 便利。

さらに、特殊な名前の付いた補助魔法もあって、

  • null
    タルンダ2回分
  • null
    スクンダ2回分
  • null
    ラクンダ2回分と、敵にタルカジャ2回分

死なないことが重要な真3ではnullはかなり役に立ちます。 1ターンで敵の攻撃力を下げきることもできるので。

nullはメリットとデメリットがありますが、敵の攻撃を反射で封じてしまうようなケースではけっこう使えます。

あとは序盤のボスnull(スクカジャ4回分)を使ってきて

山田くんの似顔絵

うぜええぇぇぇぇぇぇえ!!

ってなると思います。

真女神転生3と他のメガテンシリーズの違い

ダンジョンは3D?

3Dは3Dですが、従来シリーズの3Dダンジョンではなく、今風?の3Dになっています。

真女神転生3のダンジョン

フィールドマップは従来シリーズに近い感じです。

真女神転生3のフィールド

月齢は?

あります。

世界観の問題で、月齢ではなくカグツチの満ち欠けになりました。 名前以外は特に違いはありません。

武器ある?

ないです。

その代わりマガタマというものがあって、レベルアップ時にスキルを覚えていきます。

防具ある?

ないです。

その代わりマガタマというものがあって、属性相性を切り替えられます。

攻撃力はどこ?

武器がない影響か、ないです。

どっちみち計算式が分からないと無用なので、「物理はだいたい力依存」「魔法はだいたい魔依存」と考えておけばいいと思います。

防御力はどこ?

防具がない影響か、ないです。

ダメージに関する防御側のパラメータは属性相性のみです。 パラメータの「体」も被ダメージに影響しません。

悪魔合体ある?

あります。

真3は3身合体が特殊なので、メインは2身合体です。 ちょっと楽。

スキル継承はある?

あります。

従来の真女神転生シリーズやデビルサマナー系と違い、素材悪魔のスキルをランダムで継承します。

継承結果は合体前に確認できるので、○ボタンと×ボタンの繰り返しで継承スキルの選択が可能です。

ただし、完全に自由に継承できるわけではなく、いくつかの制限があります。

  • スキルに継承タイプがあり、合体後の悪魔が未対応の継承タイプの場合は継承不可
    (羽ばたきは羽のついた悪魔しか継承できない、など)
  • スキルに継承難易度があり、難易度の低いものほど継承しやすい
  • 悪魔にも継承タイプがあり、継承しやすいスキルとそうでないスキルがある
    (ジャックランタンが火炎スキルを継承しやすい、など)

カジャ・ンダは何回まで?

4回まで。

天罰が弱くなってない?

真3の天罰は敵全体のHPを半減させる魔法になりました。

猛威を振るったアノ天罰のことは忘れなさい。

魔法が弱くない?

中盤くらいまでは主力です。

後半は魔法ダメージ減衰のせいで、火力として使えるのはごく僅かになります。

プレス稼ぎには変わらず使えるので、無用にまではなりません。

Powered by 山田メガネ